バイク屋SAKAE

バイク購入マニュアル

バイク同様、ショップ選びも大切だ

店内イメージ

買ったら終わりじゃない、バイクライフの始まりだ!
もちろんバイクのチェックも大切だけど、ショップの見極めも同じくらい重要なものだと考えたい。
バイクを買ったあと「点検・修理・車検整備・保険継続・故障車レッカーサービス」などバイクショップの存在は欠かせないものだからだ。
在庫の有無を確認する電話から、実際にバイクを目の前にしたときまで、気持ちよく丁寧に対応してくれるようなら、まずは安心。

一目でわかるお店の特色(地域の優秀店)
・スタッフが名札を付けている。(信頼)
・スタッフがメーカーのロゴ入り作業服やシャツを着ている。(正規販売店)
・店の配送トラックに店名が書いてある。(安心)

バイクショップにはメーカー新車正規販売店と中古車販売店の二種類があります

新車取扱店にも二種類あります。
1、メーカー新車正規契約店とメーカー非契約店があります。
2、正規契約店は新車保証登録・中古車保証継承変更・メーカー保証修理・お客様管理(メーカー保証後リコール修理等)など保守管理します。
3、非契約店は、メーカーから情報が一切ないのです。
二種類の見分け方
1、正規契約店は、展示台数の大半が新車展示である(メーカー特色は出る)。
2、非契約店は、展示台数の大半が中古車展示である。
中古車販売店とは
1、新車の展示はなく、中古車の展示をしている。
国内4メーカーの看板に注意
1、数十年前に契約が切れて、そのままになっているのが多い。
2、契約のないお店が、許可なくロゴを使用しているのが多い。

= 遠方のお店で購入すれば大きなリスクがある =
近年、ネット販売で購入した人の相談が増加しています
(1)保証修理ですが遠方で時間が無く持ち込みができない。
(2)保証修理で「配送費・レンタカー費・交通費等」が自己負担であきらめる。

(一例)
神戸にお住まいの方が、伊丹市の販売店にて車輌をご購入された場合の事例です。
後日、引き取り修理を伊丹の販売店に依頼した際に、修理代とは別に15000円の出張費用が
かかったとのお話を伺ったことがあります。

お住まいの近くにある販売店で購入されてれば、
このような出張費用はかからなかったかもしれません。

2014年~2018年二輪車国内出荷台数 (自工会調べ)

会社名 2014年シェア 2015年シェア 2016年シェア 2017年シェア 2018年シェア
ホンダ 49.3% 49.6% - ※ 48.8% 50.2%
ヤマハ 29.7% 29.1% - ※ 29.0% 27.6%
スズキ 17.1% 16.2% - ※ 17.8% 16.0%
カワサキ 3.9% 5.1% - ※ 4.4% 6.2%

※ホンダが熊本地震で被災して正確なデータがありません
★川崎は明石市に二輪車工場で、神戸市に造船工場や鉄道工場もある為に多く見ます!!
★2014年4月にホンダがお客様満足度改革の実行年度でした。(多くのバイク販売店がホンダ販売からヤマハ・スズキに切り替えました)

中古車購入ポイント 品質保証「ある・なし」 点検整備「ある・なし」

販売規定、現状販売でも品質保証なし、点検整備なしで表記が必要です。
販売規定、車輛代金に品質保証が含むため、保証なし車両は車両代金が安い。
注意
1.法定費用除く、諸費用は点検整備が無ければ登録代行費用のみです。
2.最近は販売証明で3,000円程度を請求しているお店もあります。(古物商許可番号記載確認する)

現状販売

品質にこだわる販売店は、品質保証付・点検整備付で販売しています。

販売のルール

新車原付が15.1万円ですから、品質にこだわるお店は、中古価格8万円ぐらいからで「4サイクルエンジンFI」長く乗れる中古車です。

知ってますか?原付50cc
新車本体価格150,000円から販売してます。

使い切った車両を売られないように注意して下さい。

何も知らない人に20年前の原付50ccを5万円~8万円で売りつける!
100cc~125ccで8万円~13万円で売りつける!

古い車両の見分け方
●メーターに赤いランプが点滅してからエンジンオイルを入れるタイプ
●走行距離4桁メーター表示(1回転で10,000km)
(例)原付の年間平均走行距離は2,500km「二輪メーカー調べ」
(例)走行年間2,500Kmで10年乗って距離は25,000Km 走行距離メーターは2回転して4桁メーター表示は5,000Kmです。
(例)毎日の距離が多い車両は4年~5年で50,000Kmは走る「5回転」。

※品質にはこだわらないお客様をターゲットにして、最低限の修理をして販売を繰り返すスクーターの一例です。
(新車乗り換え平均7.3年 二輪メーカー調べ)
★粗悪車両の一例 別ウインドで開きます

公取協や国民生活センターに寄せられた二輪車に関する相談

ネットで売る側に販売のプロ(古物商・販売店)もいます。
でも、地元で粗悪な商品を売るとマイナスイメージが付いてしまうので、身分を隠して遠方のユーザーに販売する可能性のあるネットオークションに出品するようですね。
これはかなり以前から問題となっている、プロがアマチュアを装ったケースである

通信販売の知識
売り手が業者(古物商・販売店)でない場合は、個人間取引となり、
消費者契約法・特定商取引法が適用されない。

★ネットオークション売買の一例 別ウインドで開きます

お問い合わせはこちら

0786418198

注意1、時間が掛かる「作業・定期点検」などは、予約を受付ています。
注意2、改造車「ミニカー含む」輸入車などは、受付でお断りさせて頂いています。
注意3、修理受付時間は、18時までになります。

トイレお貸しします こども110番加盟店
PCサイトスマートフォンサイト
閉じる