バイク屋SAKAE

神戸高校野球 神戸弘陵・滝川第二・須磨翔風 県大会16強出そろう

神戸弘陵14対0西宮東
特記事項:9:59試合開始。1回表弘陵、一死2塁から3番西川の右前安打、4番山河の左中間2塁打、5番藤枝の右中間2塁打で3点を先制。2回表弘陵、先頭の8番桜間の右越本塁打で加点。更に死球と1番前本の左中間2塁打で一死2・3塁とし、3番西川の中前2塁打、4番山河の左前安打、5番藤枝の犠飛、7番福田の左翼線2塁打でこの回一挙6点を奪う。2回裏西宮東、一死満塁の好機をつくるも、あと一本が出ず無得点。3回表弘陵、一死2・3塁から3番西川の右中間2塁打、5番藤枝の中前安打で3点を追加。4回裏西宮東、二死1・3塁とするも無得点。5回表弘陵、二死満塁から代打平岡の左前安打で2点追加。5回裏西宮東、二死1・3塁とするも、あと一本が出ず涙を呑む。5回コールドゲーム。11:27試合終了(5回コールド)

報徳学園1対2滝川第二
特記事項:9:59開始。1回表報徳、2四球で先制のチャンスを作るが、得点ならず。2回裏滝二、この回先頭の4番長谷川が左翼線2塁打を放つも無得点。3回を終わり両チームとも1安打。4回裏滝二、先頭2番古谷、3番遠藤の連続安打で無死1・2塁とするが後続が断たれる。5回表報徳、1死から1番糸井が左中間2塁打、その後連続四球で1死満塁とするが内野ゴロダブルプレーで好機を逃がす。5回裏滝二、四球と1番髙島の左前打で2死1、3塁とするが得点できず。5回まで両チームとも無得点と膠着状態が続く。6回表報徳、5番長尾のライト線2塁打、犠打の1死3塁からWPで1点先制。続く四球で1死1塁。ここで滝二投手田邉に交代し後続を抑える。8回表報徳、6番堀尾、7番神頭の連続ヒット、死球で1死満塁とするも無得点。8回裏滝二、2番古谷、3番遠藤の連続ヒットで1死1・2塁とし、4番木谷のレフト線ヒットで1点取り同点。続く四球の1死満塁から死球で押し出しの1点取りこの回2点で逆転。9回表報徳、先頭四球で無死1塁と最後まで粘りをみせたが惜しくも敗れた。滝川第二高校は3回戦進出。12:55試合終了。

須磨翔風5対1神港学園
特記事項:12:56試合開始。1回表翔風:1死から2番西本が中2塁打で出塁。続く3番森山の右前適時打で1点先制。1回裏神港:四球とヒットで無死満塁とし、内野ゴロの間に1点を返し同点とする。2回表翔風:1死1、3塁から9番森のスクイズが相手のエラーを誘い、1点勝ち越す。なおも、1死2、3塁から死球で満塁とし、2番西本の中犠飛で1点を追加。ここで神港は投手を池田に交代。3回表翔風:1死から4番荒川が右前打で出塁。続く5番中川楽の内野安打で1死1、2塁とするも無得点。3回裏神港:先頭の2番戎が右前打を放つ。相手のエラーも重なり、無死2塁とする。続く3番佐々木が死球で出塁し、無死1、2塁とする。ここで翔風は投手を菅井に交代。その後、交代した菅井が後続を抑え無得点。8回表翔風:先頭の6番中川和が四球で出塁。ここで神港は投手を亀谷に交代。犠打で1死2塁とし、8番菅井の右前適時打で1点を追加。送球間に2進して1死2塁とし、9番森が右前適時打を放ち、さらに1点を追加する。9回裏神港:最後まで粘りを見せる神港に対して菅井が三者凡退に抑え試合終了。15:12試合終了。

兵庫県高等学校野球大会 16強出そろう 4月28日(土)
・神戸国際大付 対 神戸弘陵
・滝川第二 対 市立西宮
・市立須磨翔風 対 市立尼崎

16強に進み、今夏の兵庫大会の第1シード権を獲得した。

神戸地域の高校野球部の応援よろしくお願い致します。

兵庫大会には162チーム(163校)が参加している。

2018年春季高校野球兵庫県大会開幕1回戦4月15日

春季兵庫県大会が開幕しました。

地区予選から情報集めです。

兵庫県大会になれば、1回事にサインが変わる高校もあるみたいです。

近年は兵庫県では公立高校が頑張っています。

神戸市内の公立高校では、新設校の須磨翔風が県大会では、常連校になりました。
神戸市でも人気校で受験倍率も県内の公立高校では、トップクラスです。

神戸から第一代表
神戸国際大付属
滝川第二
須磨翔風
星陵

神戸から第二代表
神戸弘陵学園
神港学園
兵庫工業


DSC_0008

 

地区予選から情報集めです。

DSC_0021

 

地区予選から情報集めです。

DSC_0009

 

地区予選から情報集めです。

DSC_0020

 

地区予選から情報集めです。

DSC_0022

 

地区予選から情報集めです。

DSC_0023

 

地区予選から情報集めです。

DSC_0024

 

地区予選から情報集めです。

 

DSC_0025

 

PCサイトスマートフォンサイト
閉じる