バイク屋SAKAE

兵庫県整備主任者法令義務研修 神戸バイク屋

整備主任者研修は、自動車分解整備事業者から整備主任者として選任され
地方運輸局に届出し受理された方に受講が義務付けられている研修会です。
研修会は法令と実習の二種類あり、「法令」は整備主任者の全員
「実習」は各事業場あたり1名以上の整備主任者について毎年の受講が必要です。

兵庫県のバイク屋が10月24日に義務研修で約130店が集合しました。
これから二輪業界を支えていかれる二輪販売店です。
神戸市名店(認証整備工場・メーカー認定サービス店)
東から「EZAKI・灘カワサキ・ドリーム灘・一井・浜田二輪
・YSP神戸・KIYO・アリマ・サン・ケイズ・北神戸・西六甲
・モトリーズ・エムズ・モトライズ・ヤマダ・ドリーム垂水
・DAX・ユーオート・セイリョウ・バイクランド」です。

プロの二輪専門店として、お客様が安全第一である事の法令研修です。

バイク屋の工場長が留守で、ご迷惑をお掛けします。

買ったら終わりではなく、始まりです。

顔が見える関係で、地域密着型を基本方針でご理解いただければ幸いです。
お客様が困られた時に「敏速なサービス対応力・顧客管理」など
安全に長く乗るための「良いサービス」をモットーにしています。
少ないスタッフなので、敏速な対応地域では、兵庫区・長田区・須磨区が中心になります。

ご来店お待ちしております o(*⌒―⌒*)oにこっ♪

平成29年度兵庫県整備主任者研修(法令)義務研修

兵庫県の二輪車専門認証工場の整備責任者が一同に集める(義務研修)

平成29年10月18日(水)は、兵庫県内の各バイク屋さんの整備責任者約120人がいなくて
お客様にご迷惑をかけました。

国が定めた分解整備とは
○エンジン・ミッションの着脱を伴う整備
○ステアリング周りの取り外しを伴う整備
○制動装置のマスタ・シリンダ、バルブ類 ホース パイプ ディスク・ブレーキのキャリパの取り外しを伴う整備
○ブレーキ・ライニングを交換する為にブレーキシューの取り外しを伴う整備
○ブレーキパットを交換する為にキャリパー取り外しを伴う整備
○ショックアブソーバーのバネの取り外しを伴う整備
※原動機、動力伝達装置、走行装置、操縦装置、制動装置、緩衝装置または連結装置の、「国土交通省令」で定めている

認証取得店になると、整備標準料金表なども張ってありますし、修理見積連絡も頂けますよ(笑顔)
不正改造は受付で断る(神戸市内の大型二輪用品店でも去年に取得!)趣味の店が大半です。

二輪車もアナログ時代からデジタル時代「コンピューター制御」に車両も変わり
数年がたちましが、それに伴い、故障診断なども新しい技術知識も必要です。

買ったら終わりではなく、始まりです。
神戸でバイク スクーターの事なら何でも相談して下さい。
自賠責保険・バイク保険・故障車レスキュー・現金買取・廃棄処分・マンション撤去
自賠責保険の加入(新規・継続)は10分です。

ご来店お待ちしております o(*⌒―⌒*)oにこっ♪

PCサイトスマートフォンサイト
閉じる